FC2ブログ

還暦祝い

母親のすぐ下の妹は、寅年。
今年定年退職した、ウフフが口癖だった職場にいたお嬢様と同じ年。
横浜に住んでいる。

でも、子供がいないんだよね。
で、親に、妹の誕生日を聞いておいた。

きっと誰からもお祝いしてもらえないだろうから、何かプレゼントしようと思って。

ちょうど韓国に行ったから、入ってきたばかりだというCOACHの新作財布を奮発して買った。
還暦祝いは、そのお財布と、お祝い10,000円。
あと、韓国で買ったBBクリームも。

そこんち、家でメーカの下請けなんか自営でやってたから、バブルの時期はかなり裕福だった。
伊豆にも別荘買って、毎週末は、ダンナの趣味のつりに出かけて、お財布にはいつも10万単位でお札が入ってて、学生時代は
「お金がある家なんだー!」
と思ってた。

でも、この不況。
しかも自営業だから、国民年金。

仕事は、ほぼなくなって、収入は年金のみになったらしい。

今まで、家の仕事をちょこっと手伝って、適当に部品の半田付けやって、優雅に暮らしていたのに、収入がなくなって、外に出て働かなくては生活出来なくなったらしい。
59歳になって初めて、そば屋で働くことになったと聞いた。

で、誕生日当日、そのそば屋に、お祝いを届けに行った。

お店に入って、
「○○さん、いますか?」
と聞いたら、出てきた。

「今日誕生日でしょう?」
とお祝い渡したら

「はい・・・」
と一言。

ボケたのと思ったよ。

でも、様子がおかしいから

「誰だかわかる?」
って聞いたら

「わかりません・・・」
だって。

知らない人に誕生日のお祝い渡されて、受け取る人いる?!

名前名乗ったら、よーやくわかったようで、外まで出てきたよ。

で、第一声が

「なんでー!!
あんなに可愛かったのに年取っちゃって!!
どうしちゃったの?
40台半ば過ぎに見えるよ!!」
だって。

相変わらず変だった。
そして、憎たらしかった。

母親は4人姉妹+兄。
そのなかでも、
私とは一番合わない、この寅年。

「お財布とお祝いのお金あげたら、涙流して喜ぶよ!!」
って、うちの親が言ってたのに

涙どころか、人の顔見て
「(老けちゃって)どうしちゃったのー?!」
が第一声。

最後は、
「あ、お客さん来ちゃった!!
ありがとう!またね!!」
だって。

涙一つもなかったさ。

こんなもんだよねー。

で、お祝い届けたときに、一緒に働いてる子が若い子だと聞いていたので、韓国で買ったシートパックや化粧品を別に持って行って

「一緒に働いてる人にも、韓国のお土産だから、あげてね」
と言って置いてきた。

いろんな種類のシートパック

そしたら、それを自分の家に持ち帰って、うちの親に
「化粧品、韓国語と英語で何書いてあるか分からないから、使い方を聞いてくれ」
と電話してきたらしい。

あなたにあげたのは、BBクリームのみ。

別の袋にわざわざ入れた化粧品は、職場の人へって言ったのに!!

そう言ったら、親がすぐに電話してくれたようで、
「明日、持って行って渡す」
と言ったそう。

こっちは、仕事中に声かけるから、一緒に働いてる人に悪いと思って、わざわざ持って行ったのに。
自分で持ち帰るって、どーゆことよ!!

お客さんが来て、早々に追い払われて、40台半ば過ぎって言われて、腹たって、このうっぷんを吐き出すために会社に戻ることにした。

会社に戻ると、会社のおばちゃんが、すぐさま食いついてきて

「どうだった?」
「喜んだ?」
って聞いてくるもんだから

「お祝い渡したのに、ぽかーんとしちゃってさ。
誰か分かる?
って聞いたら
ワカリマセン・・・
って言いつつ、お祝いの品は受け取ってるの。

名前名乗るまで、誰かわからなくて、
分かったとたんに
どうしちゃったの?!こんなに老けちゃってー!!」
って言われて、腹たって帰ってきたよ!!」
と、ぜんぶ吐き出し、スッキリ。

でも、おばちゃんが、
「あんたのおばさん、どっかおかしくない?
姪っこでしょう?
面影とか、あると思うけどねー!」
だって。

ま、確かに、10年近く会ってなかったかも。

私の印象が10年前のまま、止まってたなら、老け込んだと思うのも仕方ないかな。

そして、思ったこと。
人間、いい時期が延々と続く訳じゃない。
いま、裕福だって、何年後かには、どうなってるか分からない。

4人姉妹の中で、一番裕福で、お金自由に使いまくってた人が、59歳になって、そば屋で働くなんて、誰が想像しただろう。
一生は、終わったみないと分からないね。

死ぬ寸前に、人生振り返って、
自分は幸せだったな・・・
と思えればいいんだって。

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ にほんブログ村 OL日記ブログ ぐうたらOLへ
よろしければクリックで応援お願いします。

スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment