FC2ブログ

野菜泥棒

会社辞めた子と
15年ぶりくらいに会ったよー。

あっちは、全然かわってなかったわー。
きっと私は
疲れげで
老けた
と思われたかも。

こっちが、
全然変わらないねー!
と、ほめたのに
何も言わなかったもんね。

ま、それはいいとして。

その子んちって
農家やってて、女3姉妹。
上の姉ちゃんが私と同じ年で
嫁にいかず、
最近、会社も辞めて
家の農業手伝うことにしたんだって。

専業だったんだけど、
もう、農協に頼まれたぶんと、
そのほかちょこっと。
米作りは、やめちゃったらしい。

家の前に野菜置いて
無人野菜売り場もやってるんだって。

で、その無人野菜売り場から
野菜が、ちょくちょく盗まれる。
近所の無人野菜売り場でも
野菜が盗まれるんだって。

それで、警察から
無人野菜売り場を見はらせてくれ
と頼まれたらしい。

「で、犯人みつかったの?」って聞いたら

「みつかった。
みつかった」


「誰?」

「それがさー、老人!
おばあちゃん」


「え?
金ないの?
年金少ないの?」


「ちがう。
金はあるんだよー。
でも、取った野菜近所に配ってたみたい。

なんかね、
もらって食べきれないから
って言って配ってたらしいんだよ。
だから、新鮮で土のついた野菜が
よかったんだって」


というお話。

食べきれない野菜をもらったから近所に配る

最初、寂しい老人が近所の人との
コミュニケーションのために
悲しい話
と思ったけど

よーく考えたら、
買って配ればいいじゃない!
と思ったわ。

今度、会社のおばちゃんと
その子の実家の無人野菜売り場に
野菜買いにいくことにしたよ。

新鮮野菜のもぎ取り体験もさせてくれるって。

でも、埼玉は遠いなー。
次に会うのは、また15年後になってたりして。
おばちゃん生きてるだろうか。

80歳だよ。
私60歳。
恐ろしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment